フォルクスワーゲンが上越国際スキー場で「ティグアン TDI 4モーション Rライン」を展示

4WDモデルのラインナップ強化を図っているフォルクスワーゲン。2018年12月15日から2019年4月7日まで上越国際スキー場に隣接するホテルグリーンプラザ上越(新潟県南魚沼市)のコネクション館1階で「ティグアン TDI 4モーション Rライン」を展示し、スキーヤーやスノーボーダーにその魅力をアピールしています。

現在のフォルクスワーゲンは、ゴルフ・オールトラック、ティグアン、パサート・オールトラック、ゴルフR、ゴルフRヴァリアント、アルテオンの計6モデルに4WDを用意。中でもティグアンは、「コンパクトSUV×クリーンディーゼル×4WD」という組み合わせで発売から好評とのこと。

今回、車両展示が行われている上越国際スキー場は国内最大級のゲレンデを誇るスキー場で、駅直結にもかかわらず愛車での来場も多いそう。今回、日本導入間もないティグアンTDI 4モーションを間近で披露することで、冬のアウトドアライフに最適な4WDを訴求するとしています。

また、上越国際スキー場のゲレンデ出入口付近となるコネクション館1階の展示車両近くで月1回アンケートを実施し、ドリンク券もしくはフォルクスワーゲンオリジナルグッズがもれなくプレゼントされます。

SUBARUはフォレスターなどを使ったゲレンデタクシーを毎年行っていて、こうしたスキー場でブランドをアピールする手法は定番になりそうです。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

2018年のフォルクスワーゲングループの販売台数は、0.9%増の過去最高1,083万台を記録
【新車】フォルクスワーゲン・ティグアンが一部改良。ベース車の安全装備を充実化
フォルクスワーゲンがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
【VWティグアンTDI 4モーション 試乗】SUVとディーゼルエンジン仕様のメリットとは?
【VWゴルフGTIダイナミック試乗】人気オプション装備を「全部のせ」した限定車で現行GTIの熟成ぶりを味わう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事