【新型ボルボV60試乗】これぞ傑作ワゴン。長距離移動を楽々こなすグランドツーリング性能が光る

●「四角いボルボ」の系譜を受け継ぐ最新モデル

2017-2018年のボルボXC60に続き、2018-2019年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたボルボXC40。同社のSUVが2年連続で評価されたことになりますが、2018年のボルボは、9月に本命といえる新型V60をリリース。

同ステーションワゴンは「四角いボルボ」だった850、V70の系譜を受け継ぐモデルで、もちろんV60のフルモデルチェンジではあるものの、850、V70のオーナー(だった)人なら気になるはず。SUVが人気になったとしても同ブランドの顔といえる存在です。

ボディサイズは、全長4760×全幅1850×全高1435mm。全幅を先代よりも15mm狭くすることで、日本の道路や駐車場事情にもマッチするサイズとしています。さらに全高を45mm下げることで、伸びやかで低く構えたフォルムになっています。

『ボルボ』の最新記事
Volvo_Cars_Electric_Motor
電動化を進めるボルボ。87.5億円を投資して電気モーターの自社生産を始めると発表した理由とは?
ボルボV60
オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック
清水和夫さん試乗
ボルボV60&XC60 T8 Polestar Engineeredの特別仕様度を清水和夫が試してみた!【SYE_X】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事