【新型ボルボV60試乗】これぞ傑作ワゴン。長距離移動を楽々こなすグランドツーリング性能が光る

●「四角いボルボ」の系譜を受け継ぐ最新モデル

2017-2018年のボルボXC60に続き、2018-2019年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたボルボXC40。同社のSUVが2年連続で評価されたことになりますが、2018年のボルボは、9月に本命といえる新型V60をリリース。

同ステーションワゴンは「四角いボルボ」だった850、V70の系譜を受け継ぐモデルで、もちろんV60のフルモデルチェンジではあるものの、850、V70のオーナー(だった)人なら気になるはず。SUVが人気になったとしても同ブランドの顔といえる存在です。

ボディサイズは、全長4760×全幅1850×全高1435mm。全幅を先代よりも15mm狭くすることで、日本の道路や駐車場事情にもマッチするサイズとしています。さらに全高を45mm下げることで、伸びやかで低く構えたフォルムになっています。

『ボルボ』の最新記事

【ボルボXC90 D5試乗】ビッグボディながら柔和な顔付きはまるで大仏のよう
【ボルボXC90 D5試乗】 さすがのユーティリティ。アウトドアの遊び道具を余裕で詰める広大な室内
【ボルボXC90 D5試乗】ディーゼルのトルクだけじゃない、発進時からのスッキリした加速感の理由とは?
ボルボ・V60のPHEVの実燃費は2割増し。ガソリン車との実質的な価格差100万円をどう考える?
ボルボ・V60のガソリン車とPHEVでは、車体の中央に実用面の違いがあった! 独特のバッテリー搭載位置が生み出す○と╳
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事