3年ぶり復活! 新型ランドローバー ディフェンダー、注目は次世代プラットフォームと電動化

ランドローバーの本格オフローダー「ディフェンダー」5ドアの開発車両を初めてカメラが捉えました。

捉えたプロトタイプのドアには「#BEST 4X4 FAR」の文字が書かれています。「最高の4WDが未来へ」というメッセージでしょうか、1983年に「ランドローバー90/110」として発売されて以来、33年間オフローダー市場を牽引してきたプライドが込められているようです。1990年には「ディフェンダー」として再発売、2016年に惜しまれて生産終了となっており、これが3年ぶりの復活となります。

重いカモフラージュにより、ボンネットフード、ルーフ、サイドパネルには至るまでカバーが被され、ディテールは一切隠されています。ヘッドライトやエールライトも市販型かは判別できない状態です。リアビューでは、新デザインのバンパーとサイドハンドルのドアを確認できるほか、後部視界を大きくさえぎるスペアタイヤが取り付けられていますが、リアビューカメラとパーキングセンサーで問題はなさそうです。

最大の注目は、ジャガー・ランドローバーの次世代プラットフォーム「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)の採用です。内燃機関、プラグインハイブリッド、EVなど、あらゆるパワートレインに対応し、軽量かつ剛性が高く、独立式リアサスペンションにより、最高の乗り心地を実現します。パワートレインは、2.0リットル直列4気筒インジニウムのほか、直列6気筒エンジン、プラグインハイブリッド、そしてEVの設定も噂されています。

ジャガー・ランドローバーは、新型「ディフェンダー」を2020年までに投入することを発表しています。市販型のワールドプレミアは一部報道で2018年にも登場とされていますが、このヘビーカモフラージュから2019年以降となる可能性が高いと思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事