市販型パーツを装着した、アウディ・RS7次期型プロトタイプをキャッチ!700馬力のハイブリッドに注目

■新型アウディRS7をカメラが捉えた!

・新LEDヘッドライトを装備

アウディの欧州Eセグメント・サルーン、新型「A7」の頂点に設定される「RS7」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

これまで隠されていた、ベルトラインから上のカモフラージュを脱いだ開発車両は、新LEDヘッドライトユニット、ハニカムメッシュのグリルや大型コーナーエアインテーク、サイドシル、20〜21インチホイール、高性能ブレーキシステムなど、市販型パーツを初めて装着していることがわかります。

心臓部には、ポルシェ「パナメーラ ターボ」にも搭載されている4リットルV型8気筒を搭載します。現行モデルの最高出力560psから650ps、最大トルク800Nmへ向上すると見られます。

・パナメーラからのPHEVユニット流用

しかし、目玉はポルシェ「パナメーラターボS-Eハイブリッド」から流用される、初のPHEVモデルです。

パナメーラでは最高出力680psですが、RS7ではリチウムイオンバッテリーと電動モーターによる150psと内燃機関の550psにより、最高出力は700psを超えると噂されています。またクワトロ4WDと8速Sトロニックが標準装備となりそうです。

ワールドプレミアの場は2019年3月のジュネーブモータショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

3月デビューの新型・アウディ「RS7」、超加速力を雪中で披露
メルセデス AMG CLA「35」vs「45」!最高出力300馬力&400馬力オーバー
新型・日産デイズ/三菱eKワゴンに続報。航続280kmのEVも設定?
メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも
登場は2020年! プジョー最小の新型クロスオーバーSUV「1008」の開発車両をキャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事