レンジローバー ヴェラール、凶暴すぎる「SVR」設定へ!最高出力は575馬力

ランドローバー・レンジローバーのスタイリッシュ・クロスオーバーSUV、「ヴェラール」にハードコアモデルとなる、「SVR」最新開発車両をキャッチしました。

「SVR」は、ジャガー・ランドローバーにおいて、傑出したハンドリングとパワーにより、ラグジュアリーとパフォーマンスを新たな次元へ引き上げるハイパフォーマンスモデルに与えられる称号です。

フロントエンドを見ると、ボンネットのクロムストリップはカモフラージュがされていますが、ベースモデルと比較してかなり大口の再設計された新エアインテークや高性能大型ブレーキ、フラップタイプのドアノブが見てとれます。

リアビューでは、おそらく最終型に近いディフューザーやクワッドエキゾーストパイプが装着されています。

予想されるパワートレインは、「レンジローバー スポーツ」と共有する5リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載。8速ATと組み合わされ、最高出力は575ps、最大トルクは700Nmを発揮し、0-100km/h加速を3.9秒のパフォーマンスをみせます。

ワールドプレミアは、2018年11月のロサンゼルスモーターショー、あるいは2019年1月のデトロイトモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事