今度はどんな顔に? メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレーン改良型を初キャッチ

メルセデスのミッドサイズ・ワゴン「Eクラス」の派生モデルとなるクロスオーバー、「Eクラス オールテレーン」改良型をカメラが初めて捉えました。

近年、改良型でフロントマスクを刷新する同ブランドのため、その新デザインに注目です。全体にカモフラージュがされていますが、ブーメラン状につり上がるLEDデイタイムランニングライトを備える、4ドアサルーン「CLS」のようなヘッドライトを装備しているようです。

フロントグリル、エアインテークを含むフロントバンパーを刷新され、メルセデスベンツが提案する「Sensual Purity」(官能的純粋)デザインを取り入れます。リアではテールライトのグラフィックもリフレッシュされるほか、バンパーも今後着手されるはずです。また最終市販モデルには、リフレッシュされたスキッドプレートやプラスティック・クラッディングなどを装備します。

パワートレインは、最高出力299psを発揮する、2リットル直列4気筒+電気モーターのマイルドハイブリッドターボが新たに設定されるほか、150psの「E200 d」、194psの「E220 d」、245psを発揮する「E300 d」、286psの「E350 d」、340psを発揮する「E400 d」など、ハイブリッドやターボディーゼルなど豊富なラインアップとなります。

ワールドプレミアは2020年以降と、まだ先となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

トヨタ・ヤリスに「GRMN」設定か? ニュルで開発車両をスクープ
新型アウディ・A3はフルEVモデルもラインナップ? アルプスで開発車両をキャッチ
2020年デビュー! 新型BMW・4シリーズ カブリオレはファブリック・ルーフを装備
廃止騒動もなんのその! シボレーが新型カマロを開発へ
新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事