【新車】レクサス「UX」はトヨタ「C-HR」のブランド違いではない! その違いは?

■レクサスUX新登場!

・トヨタC-HRと共通のTNGA「GA-Cプラットフォーム」を使用

トヨタの「TNGA(Toyota New Global Architecture)」は、クルマをつくるだけでなく、仕事の進め方や人づくり(人材育成)までも含めた自動車メーカーとしての大きな転換になった考え方。とはいえ、プラットフォーム(車体)はもちろん必要で、レクサスUXは、プリウスやC-HR、カローラスポーツなどと同じように、TNGAのうちの「GA-Cプラットフォーム」を使っています。

今どき、プラットフォームが同じ=兄弟車、あるいは、ブランド違いの同じクルマとはいえません。プリウスのSUV版とも言われたC-HRもアーキテクチャは一部あるいは多くで共有化してもユーザーは、プリウスはプリウス、C-HRはC-HRという視点で見ているのではないでしょうか?

『LEXUS』の最新記事
レクサスNX
新型レクサスNXのプラグインハイブリッドは、前後2モーターに総電力量18.1kWhのバッテリーによりクラストップレベルのEV航続距離を実現
レクサスLS
松山英樹選手のマスターズ初制覇を記念したレクサスの特別限定車がLS、LC、RXに設定
レクサスNX
レクサスNXがフルモデルチェンジ。流行の横一文字リヤコンビランプを採用
新型レクサス「NX」がいよいよワールドプレミア! 刷新された前後意匠を先行公開
レクサス
レクサスが2021年にブランド初のPHEV、2022年にEV専用モデルを投入へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事