ホンダがコンパクトサイズの「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を開始

EVシフトが注目される中、FCV(燃料電池車)はインフラ整備に莫大なコストが掛かることから普及に関して懐疑的な見方もあります。

そんな中、2018年11月21日、ホンダは高圧水電解型の水素ステーション「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を開始しました。本体は、奥行2250×幅3700×高さ2500mmというコンパクトサイズで、水素製造量は2.5kg/日。水素貯蔵量は約15kg @15℃となっています。

ホンダの「SHS 70MPa」は、FCVに供給する高圧水素を製造、貯蔵、充填する装置で、高圧水電解型の水素ステーションとして世界初(ホンダ調べ)となる充填圧力70MPa(メガパスカル)、製造圧力82MPaを実現。なお、充填圧力は条件により変動します。

環境省の支援制度を活用し、2016年10月に東京都江東区青海で開始した実証実験を経て商品化。この実証実験は、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」のもと、太陽光エネルギー由来の水素を製造する70MPa小型水素ステーションの運用効果を実証したもので、2018年2月1日に終了しています。

同社独自技術の高圧水電解システム「Power Creator(パワー クリエイター)」により、コンプレッサーを使用せずに高圧化できるためコンパクトなサイズを実現。

水素は再生可能エネルギーなどの電気で水を電気分解して製造されます。また、充填圧力を70MPaにすることにより、ホンダのFCV「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」に水素のフル充填が可能(充填プロトコルはSAE規格(J2601)に準拠)。

ホンダは、日鉄住金パイプライン&エンジニアリングとパートナーシップを結び、SHS 70MPaのコアシステムであるPower CreatorをHondaが製造、供給し、NSPEがSHSの水素貯蔵、充填システムの製造および全体の組み立てを実施。また販売・アフターサービスについてはホンダが行うとしています。なおSHS 70MPaの設置には、環境省の支援制度を活用することができます。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事

人気沸騰間違いなし!! ホンダ・クロスカブ110の「くまモン」バージョンが登場
年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】
軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】
ホンダの電気自動車「Honda e」プロトタイプが全身画像を公開【ジュネーブモーターショー2019】
2019年後半に生産を開始する新型EVのプロトタイプ「Honda Urban EV Concept」が世界初公開【ジュネーブモーターショー2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事