【三菱デリカD:5】ビッグマイナーチェンジモデルは2018年度内に発売。価格帯は約385万円~約425万円

インパネもオールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを兼ね備えた仕上がりになっています。安全面では、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上。

パワートレーンは、クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードA/Tを組み合わせによりパワフルで静かで滑らかな走りへと進化させたとしています。さらに、電動パワーステアリングが採用され、低速時の操舵力を軽減し、取り回し性を向上させたとしています。

またデュアルピニオンタイプにより、初期操舵からしっかり感を確保するとともに、モーターによる違和感を少なくし、より自然な操舵フィーリングを実現。

標準仕様に加えて、都会的なデザインを求めるニーズに応え、洗練されたモダンなデザインのデリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)も新たに設定されています。

こちらのエクステリアは、専用デザインのソリッドでクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現。また、マフラーの切り欠きを廃したリヤバンパーと、洗練されたイメージのリヤゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなスタイリングに仕上げられています。

一方のインテリアは、バール杢(根の近くのにできる希少価値の高い木目)を再現し、艶の高い青みの黒木目をアクセントに配したとしています。

(文/写真 塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

アウトランダーPHEVの2019年モデルの強みを体感できる展示を実施【人とくるまのテクノロジー展2019名古屋】
三菱自動車がアウトランダーPHEVをインドネシアに投入
【新車】三菱・ミニキャブバン/タウンボックスが先進安全装備を大幅にアップデート
【新車】三菱・パジェロスポーツがマイナーチェンジモデルを披露
三菱らしいハンドリングの良さが光る、2.2Lクリーンディーゼル+8ATの組み合わせ【三菱エクリプス クロス試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事