【新車】ホンダ・アクティ・トラックに2トーンカラーの特別仕様車「スピリットカラースタイル」が登場

ホンダの商用車といえば、2018年7月にデビューして街中を走り始めているN-VANと、2009年に登場したアクティ・トラックがあります。

11月9日に発売されたアクティ・トラックの特別仕様車「スピリットカラースタイル」は、軽トラの中でも鮮やかで印象的な2トーンカラーをまとっています。

同特別仕様車は、1963年に登場したT360をイメージしたというボディカラーが特徴。ちなみに、T360は全長わずか3mで、国産初のDOHCエンジンを採用するなど、スポーツカーの技術も採り入れられたホンダらしい軽トラでした。

そのT360をイメージしたという「ベイブルー×ホワイト」、ホンダのパワープロダクツをイメージしたという「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定。

ベースはタイプ「TOWN」。外観は、先述した2トーンカラーボディをはじめ、Hondaロゴサイドステッカー、ホワイト塗装ドアミラー、ブラック塗装アウタードアハンドル、センターホイールキャップでコーディネイト。

2色のボディカラーのうち、「ベイブルー×ホワイト」にはメッキモール付ホワイト塗装フロントグリル、シルバー塗装スチールホイールが用意されます。一方の「フレームレッド×ブラック」は、ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)が組み合わされます。なお、シートカラー/シート地は1色で、クリアライトブルー/ファブリック。

アクティ・トラックのTOWN特別仕様車「スピリットカラースタイル」の価格は、2WDの5MTが1,135,080円、2WDの3ATが1,210,680円。4WDの5MTが1,264,680円です。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事

ボディカラーは何を選ぶ?多彩なモノトーン、2トーンが揃う【新型ホンダN-WGN先行公開】
【新型ホンダN-WGN先行公開】ホンダ軽初の渋滞追従機能付ACCで日産デイズ/eKワゴンとガチンコ勝負
ホンダドリームの新店舗が駒沢・徳島・小山にオープン。試乗車の充実ぶりがうれしい!
【新車】貴重な国産5ナンバーワゴンのホンダ・シャトルがマイナーチェンジ
【新型ホンダ・インサイト試乗記】エコランせずに普通に走らせると新型インサイトの実燃費はどうなる?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事