【新車】ホンダ・アクティ・トラックに2トーンカラーの特別仕様車「スピリットカラースタイル」が登場

ホンダの商用車といえば、2018年7月にデビューして街中を走り始めているN-VANと、2009年に登場したアクティ・トラックがあります。

11月9日に発売されたアクティ・トラックの特別仕様車「スピリットカラースタイル」は、軽トラの中でも鮮やかで印象的な2トーンカラーをまとっています。

同特別仕様車は、1963年に登場したT360をイメージしたというボディカラーが特徴。ちなみに、T360は全長わずか3mで、国産初のDOHCエンジンを採用するなど、スポーツカーの技術も採り入れられたホンダらしい軽トラでした。

そのT360をイメージしたという「ベイブルー×ホワイト」、ホンダのパワープロダクツをイメージしたという「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定。

ベースはタイプ「TOWN」。外観は、先述した2トーンカラーボディをはじめ、Hondaロゴサイドステッカー、ホワイト塗装ドアミラー、ブラック塗装アウタードアハンドル、センターホイールキャップでコーディネイト。

2色のボディカラーのうち、「ベイブルー×ホワイト」にはメッキモール付ホワイト塗装フロントグリル、シルバー塗装スチールホイールが用意されます。一方の「フレームレッド×ブラック」は、ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)が組み合わされます。なお、シートカラー/シート地は1色で、クリアライトブルー/ファブリック。

アクティ・トラックのTOWN特別仕様車「スピリットカラースタイル」の価格は、2WDの5MTが1,135,080円、2WDの3ATが1,210,680円。4WDの5MTが1,264,680円です。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
ホンダ e
ホンダと中国のCATL(寧德時代新能源科技)がアライアンス契約を締結
新型ホンダ・シビック タイプRが、鈴鹿サーキットで歴代最速タイムを更新【動画】
新型アコードフロント
オヤジクルマに見える新型アコードは、理想的な前後重量配分を実現した走りのセダンだった
VFR750R_RC30
80年代バイクブーム全盛期に生まれた金字塔「ホンダVFR750R」リフレッシュプランにリターンライダーが感涙必至! 純正部品も再生産
accord
スポーティ度の高さが世界で評価される新型アコード。日本デビューが遅れたワケは?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事