やはりカローラといえばセダン!? 新型カローラ/レビンを世界初披露へ【広州国際モーターショー2018】

トヨタは、2018年11月16日に開幕する中国の「広州国際モーターショー」において、新型カローラ シリーズのセダン(中国名:カローラ/レビン)を世界初披露すると発表しました。

トヨタのブースでは、新型カローラ、新型レビンなどの商品に加えて、ハイブリッドユニットなどの電動化技術が展示されるほか、モビリティ・カンパニーへの変革に取り組むなかで中国においても重要なテーマである「知能化」や「情報化」の技術・サービスに関連する展示も予定としています。

現行カローラは、日本で発売済みのカローラ スポーツ(ハッチバック)、10月のパリモーターショーでワールドプレミアされたツーリングスポーツ(ワゴン)があり、いよいよ本命!? のセダンが登場することになります。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ ライズ
「小さくても広く使える」コンパクトSUVのトヨタ・ライズが大人気の理由とは?【新車】
改正道路交通法対策! スマホ保持してくれる「マルチディスプレイホルダー」があの「TRD」から発売されるわけは?
トヨタ コペンGRスポーツ
ボディー補強に空力改善。ボディー下部には秘密がいっぱい!【コペン GR スポーツ】
大注目のトヨタ・グランエースは6,200,000円〜6,500,000円【新車】
【トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー】イメージ一新、共通で使えるアクセサリーパーツが嬉しい
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事