トヨタ「セリカ」&「MR-2」が復活!? 有力情報から予想される新型のスペックは?

かつてトヨタが販売していた、2ドアスポーツクーペ「セリカ」と「MR-2」の復活が現実味を帯びてきました。トヨタのチーフエンジニア・甲斐氏が米「Road & Track」誌のインタビューで言及したようです。

インタビューで同氏は、「スープラを復活させたので、次はセリカとMR-2だ」と語ったようです。トヨタは2017年に「セリカ」の商標登録を完了しているほか、以前にはこの3台を「ザ・スリー・ブラザース」と呼んでおり、かなり実現の可能性が高いと思われます。

そこで、新型の予想CGを制作しました。「86」をベースに、より攻撃的、レーシーに仕上げました。フロントは現トヨタの流れをくむ大型グリルに、左右の張り出したフロントフェンダー一体型スカートが迫力感をアップ。

また、ライトも3連レンズを縦型デザインにしてシャープな印象を持たせました。サイドもプリウスなどに用いられたキャラクターラインをより派手に、F/Rフェンダーにはボリューム感を与えワイド感を強調。またアンダースカート部分は大きくえぐった吸気口がポイントとなっています。

予想されるパワートレインは、1.8リットルから2.4リットルの直列4気筒水平対向ターボエンジンで、最高出力は250ps程度となるはずです。スープラの発売が押しており、「セリカ」復活が実現するとしても、2020年以降となる見通しです。

また新型「セリカ」は、1986年の「GT-Four」のように4WDを想定しているとも語っています。さらに「86」がスバルとのパートナーシップから誕生したように、販売価格を抑える専用のパフォーマンスカーを生産するために、プラットフォームをはじめ多くのコンポーネントを共有するモデルが必要といいます。

ならば、「86」とプラットフォームを共有するか、BMWと再タッグとなるか興味が持たれるところです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M3_010
新型BMW M3の高性能コンペティションモデルをスクープ!
シュコダ エンヤクック_004
SUVとクーペスタイルを用意。シュコダ初のEV「エンヤック」はVW ID.4と兄弟モデルに
ボルボ P1800_005
ボルボの名車「P1800」がEVで復刻か? プロトタイプをスクープ
メルセデスベンツ EQS_007
メルセデス・ベンツ新型EVセダン「EQS」市販型は4WS(四輪操舵)採用へ
ポルシェ パナメーラ_011
ポルシェ パナメーラがニュルで謎の記念撮影会!? 最速セダン記録を樹立か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事