なんとレースでスピード違反! さて罰金はいくら? トヨタ 7号車がポールポジション剥奪【WEC富士6時間レース】

10月13、14日に富士スピードウェイで開催の「FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レース」。ル・マン24時間レースなども含まれるFIA 世界耐久選手権の日本ラウンドがこの富士6時間耐久レースとなります。

13日に行われたその予選でトップタイムを叩き出したのはTOYOTA Gazoo Racingの7号車、マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス組。ポールポジションを確信したのか予選時間残り5分ほどで早々にピットに引き上げてしまうほどに強い走りを見せました。

しかし驚くことに、予選終了後にその華々しいポールポジションのタイムが抹消されてしまいます。原因はなんとスピード違反! えっ、レースなのに?

自動車レースは速さを競う競技です。なのでサーキットは速度無制限。世界中には一部制限速度を設けるサーキットもありますが、富士スピードウェイではレギュレーションとルールに従っていてそのマシンがレースを続けることができれば時速は何キロ出そうと問題ないはずです。ただひとつの例外を除けば。

その例外とはピットレーン。ピット作業が行われメカニックやオフィシャル、メディアなどの人とマシンが交錯するピットレーンは制限速度が60km/hとなっています。

そのピットレーンを7号車のホセ・マリア・ロペス選手が67.7㎞/hで走行してしまいます。この違反に対して、FIAは900ユーロ(1ユーロ130円換算で11万7000円)の罰金を科した上で、7号車のタイムを抹消する措置をとりました。7号車はLMP1クラスの最後尾、8番グリッドからのスタートとなってしまいました。

これによりポールポジションとなったのはTOYOTA Gazoo Racingの8号車セバスチャン・ブエミ、中嶋 一貴、フェルナンド・アロンソ組。ル・マン優勝を果たした8号車が日本でも優勝に一番近い場所からのスタートとなります。

FIA 世界耐久選手権 富士6時間耐久レースは14日の午前11時にスタート。6時間後に栄冠をつかむのはどのチームになるのでしょうか?

(写真・文:松永和浩)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事