【新車】ブルーの外観と専用アルカンタラ×ファブリックコンビシートが際立つ「ルノー キャプチャー S-EDITION」

ルノーのコンパクトSUVであるキャプチャーは、2トーンボディカラーや小さくてもSUVらしく存在感を抱かせるエクステリア、合理的で使いやすい内装など、こだわりを持った若いユーザーを中心に支持されているそうです。

10月11日に発売された50台限定の「ルノー キャプチャー S-EDITION」は、「インテンス」がベース。スポーティな「ブルー アイロン メタリック」のボディに「グリ プラティヌ メタリック」のルーフを組み合わせた専用ボディカラーが特徴です。

さらに、上質なキャビンを演出する専用ブラックインテリア、専用アルカンタラ×ファブリックコンビシート、専用17インチアロイホイールなどが用意されています。そのほか「S-EDITION」専用バッジ、「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート、アルミペダル、エアコンパネルブルーイルミネーション、前席シートヒーターなどが装備され、価格は2,829,000円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
【新車】ルノー カングーに定番モデルの「クルール」が200台限定で登場。爽やかなカラーが魅力
ルノー カングー クルールが200台限定で発売。美人アーティストのイラストで彩られたアート車も注目 
ルノー・ジャポンと「le coq sportif」のコラボレーションでスペシャルなカングーが登場
ルノーとFCAが経営統合を見据えた提携交渉をスタートか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事