【新車】ブルーの外観と専用アルカンタラ×ファブリックコンビシートが際立つ「ルノー キャプチャー S-EDITION」

ルノーのコンパクトSUVであるキャプチャーは、2トーンボディカラーや小さくてもSUVらしく存在感を抱かせるエクステリア、合理的で使いやすい内装など、こだわりを持った若いユーザーを中心に支持されているそうです。

10月11日に発売された50台限定の「ルノー キャプチャー S-EDITION」は、「インテンス」がベース。スポーティな「ブルー アイロン メタリック」のボディに「グリ プラティヌ メタリック」のルーフを組み合わせた専用ボディカラーが特徴です。

さらに、上質なキャビンを演出する専用ブラックインテリア、専用アルカンタラ×ファブリックコンビシート、専用17インチアロイホイールなどが用意されています。そのほか「S-EDITION」専用バッジ、「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート、アルミペダル、エアコンパネルブルーイルミネーション、前席シートヒーターなどが装備され、価格は2,829,000円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

【東京オートサロン2019】ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?
【新車】カタログモデルにはない1.2L直噴ターボエンジンを搭載した「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が登場
ルノー・ジャポンとショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」がコラボした特別なカングー
ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦
【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事