【新車】ブルーの外観と専用アルカンタラ×ファブリックコンビシートが際立つ「ルノー キャプチャー S-EDITION」

ルノーのコンパクトSUVであるキャプチャーは、2トーンボディカラーや小さくてもSUVらしく存在感を抱かせるエクステリア、合理的で使いやすい内装など、こだわりを持った若いユーザーを中心に支持されているそうです。

10月11日に発売された50台限定の「ルノー キャプチャー S-EDITION」は、「インテンス」がベース。スポーティな「ブルー アイロン メタリック」のボディに「グリ プラティヌ メタリック」のルーフを組み合わせた専用ボディカラーが特徴です。

さらに、上質なキャビンを演出する専用ブラックインテリア、専用アルカンタラ×ファブリックコンビシート、専用17インチアロイホイールなどが用意されています。そのほか「S-EDITION」専用バッジ、「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート、アルミペダル、エアコンパネルブルーイルミネーション、前席シートヒーターなどが装備され、価格は2,829,000円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

井出有治さん待望の「メガーヌR.S. カップ」6MTは、あえてラフに扱っても感触はマイルドだった!(その3)【動画】
「メガーヌR.S. カップ」はしなやかかつ軽やかなのに、スポーティ度はアップ!? これがルノー流スポーツカーの作り方(その2)
スペシャル機構をさらにセットアップ! 井出有治お気に入りの「メガーヌR.S.」に、待望の「6MTシャシー・カップ」が登場(その1)
【ルノー・ルーテシア トロフィーR.S.アクラポビッチ試乗】これぞ「ホットハッチ」! 最近のルノーはビックリするほどスポーティになっている
【新車】人気限定車の第9弾「ルノー カングー クルール」が登場。男っぽいギア感を表現

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事