フロントグリルやホイールアーチなど、ディテールをブラックでまとめたMAZDA CX-5の特別仕様車「Sports Appearance」

■人気の「BLACK TONE EDITION」をさらにスポーティに、上質に仕立てたモデル

2021年11月8日にマイナーチェンジを受けたマツダ CX-5には、アウトドアテイストが盛り込まれた「Field Journey(フィールドジャーニー)」「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」という2タイプの特別仕様車が追加されています。マツダは「BLACK TONE EDITION(ブラックトーンエディション)」をCX-5を含めた各モデルに設定しています。

マツダ CX-5
マイナーチェンジを受けたCX-5。写真は特別仕様車の「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」

CX-5では30%が同仕様で、流行色といえるブラックがアクセントカラーとして使われています。ここでご紹介するCX-5の「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」は、人気の「ブラックトーンエディション」をよりスポーティに、より上質さを加味した特別仕様車。

マツダ CX-5
「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」のリヤビュー

フロントグリル、シグネチャーウイング、バンパー下部、ホイールアーチ、ドア下のガーニッシュ、ドアミラーが「グロスブラック」で引き締め、足元のアルミホイールもブラックメタリック塗装の19インチアルミホイール(225/55R19タイヤ)が用意されています。さらに、フロントグリルのアクセントは赤で、こちらは初代ロードスターの「クラシックレッド」が採用されています。撮影車両は、「ソウルレッドクリスタルマイカ」で、赤と黒のコーディネイトがスポーティに映ります。

マツダ CX-5
ブラックのグリルに赤い加飾が備わる

一方のインテリアには、ブラックレザーシートが備わるほか、ステアリング、ドア、シフトまわりに赤いステッチが施され、「スポーツアピュアランス」の名に恥じない仕立て。CX-5らしいスタイリッシュさを損なわず、都会的なムードをはなっています。

マツダ CX-5
「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」のインテリア

さらに、前後バンパーロアガーニッシュなどの用品を装着すると、より個性的なレーシーに仕立てることができます。「Sports Appearance」は、「25S」「XD」に設定されています。

マツダ CX-5
「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」をベースにした用品装着車

(文:塚田 勝弘/写真:井上 誠)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。