マツダ、2020年発売のEVに発電用ロータリーエンジン搭載。航続距離を2倍に伸長

マツダが10月2日に都内で開いた技術説明会で、2030年時点の生産車全てに「電動化」技術を搭載すると発表しました。

2050年までに企業平均CO2排出量を2010年比で90%削減する方針で、2020年に小型・高出力・低振動で静粛性に優れる「発電用ロータリーエンジン」搭載により、航続距離を通常の2倍に伸ばした独自開発のEVを発売するそうです。

マツダでは今後もガソリンやディーゼルエンジンの駆動をモーターで支援する「マイルドハイブリッド」を軸にする模様で、EVは全体の5%程度の構成比になる見通しのよう。

95%はガソリンエンジンなど従来の内燃機関の技術を活かす戦略で、将来的には駆動でもロータリーエンジンを使いたいと考えているようです。

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連記事】

燃費が20%向上!? ディーゼル逆風のなか「マイルドハイブリッド」に賭けるマツダ
https://clicccar.com/2018/09/13/628612/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

トヨタとマツダのコラボが生み出す「ワク・ドキ」に期待!
https://clicccar.com/2015/05/16/307250/

トヨタとマツダが提携する目的は「もっといいクルマづくり」
https://clicccar.com/2015/05/13/307149/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事