「あおり運転はあおられる方にも原因がある」に対する反発意見への回答

「あおり運転はあおられる方にも原因がある」という記事を書いたら、予想通り様々な反発意見が出てきた。全て想定していた内容だし、よく読んで頂ければ記事に盛り込んであるのだけれど、昨今の人は読解能力の問題なのか理解出来ないようだ。良い機会なので「あおり運転はあおられる方に原因がある」理由をもう少し解りやすく説明しよう。

・制限速度を守っているのだからいい

こういった意見はよく聞く。また「自分は運転しないから関係ない」という人もいるかもしれない。そういった人は友人や上司が運転するクルマや、タクシーとかバスに乗った時も速度違反したら「いけない」と忠告しているのか? 現在の制限速度を厳密に守ろうとすれば、安全確保のため制限速度の改訂が必要だと思う。私のように制限速度をビタ1km/hも超えないドライバーの意見なら真摯に耳を傾ける。

・あおるヤツがすべて悪い

その通りだと私も文末に書いている。ただ皆さん外出の際にカギは掛けないのだろうか? 深夜人気の無い道を女性一人で歩かせるだろうか? もし「犯罪者が悪い」だけで無事に暮らせれば良いけれど、やはり自分の安全は自分で確保しなければならないと思う。「あおり運転する輩を犯罪者だと考え自己防衛しましょう」というのが私の考え方だ。

・いじめはいじめられる側に原因があるってのと同じ

私は教育の専門ではないけれど多感な子供が多い公立中学のPTA会長を2年間務めた。そこで知ったことは、いじめの場合、複雑な事情があること。後続車のジャマをしなければいいだけのシンプルな事象と全く違う。参考までに書いておくと、いじめの原因は学校関係者と、当事者と関連ある全ての保護者だと私は考える。

『国沢光宏』の最新記事
WRC応援してます!
2021年のWRCジャパン、日程を含め開催確定! 2021年は新型コロナ禍から脱出し明るい年になる?
yaris cross
アイドリングストップ機能は使わない方がいいかもしれません【自動車評論家のお詫び】
フェアレディZプロトタイプ
日産、環境の時代&スポーツカー氷河期の中、なぜフェアレディZプロトタイプを発表したのか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事