メルセデス・ベンツ CLA次期型、ニュルでスポーティーな走りを公開!

メルセデス・ベンツのスタイリッシュ4ドアセダン「CLA」次期型が、ニュルでダイナミックな走りを見せました。

捉えた開発車両は、まだカモフラージュも重いですが、フロントマスクにはドットグリル、2本フィンを備えるコーナーエアインテーク、シャープに釣り上がったヘッドライトなど、メルセデスの言う「プレデター・フェイス」が採用されると見られます。

これは新型「CLS」、新型「Aクラス」と継承されている、同ブランドのデザイントレンドです。

撮影したカメラマンによりますと、コンパクトセダンらしく、軽くスロットルを踏み込むだけで軽やかに加速していたようです。

新型のパワートレインには、Aクラス新型と共有する1.4リットル直列4気筒エンジンの搭載が予想されています。最高出力163ps、最大トルク250Nmを発揮すると言います。また最高出力224ps、最大トルク350Nmのパフォーマンスを持つ2リットル直列4気筒ターボチャージャーや、最高出力400ps以上の「AMG CLA45/50ハイブリッド」も噂されています。

この動力性能をみれば、少なくとも日本ではベースモデルでも十分満足出来るようです。

ワールドプレミは、今年はなさそうで、早くとも2019年後半と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

大げさ過ぎるテールライトの偽装が示唆するのは…… メルセデス・ベンツ Eクラスのセダン新型プロトタイプをキャッチ
トヨタ怒涛の新車ラッシュはスープラから!2021年までに「セリカ」や「MR2」など19車種発売へ
マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg
市販型パーツを装着した、アウディ・RS7次期型プロトタイプをキャッチ!700馬力のハイブリッドに注目
独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事