EVメーカーのGLMが目指す世界初採用の樹脂製フロントスクリーンの利点とは?

京都のEVメーカーであるGLMは、帝人と共同開発した樹脂製のフロントスクリーンが搭載されたスポーツタイプのEVで、「道路運送車両の保安基準(第29条)」を満たす国内認証を取得。7月に自動車登録番号標(ナンバープレート)を取得したと発表しました。

樹脂製のフロントスクリーンは、GLMのスポーツEV「トミーカイラZZ」への採用を念頭に約2年間、共同開発されていて、今回、公道での走行が可能になったとしています。

認証を取得した車体をベースに、年内には受注生産体制を整え、同車の特別仕様車として2019年春に販売する予定だそう。GLMによると、樹脂製のフロントスクリーンを搭載した市販車はいままなく、世界初を目指しているとのこと。