2.5tのヘビー級ボディを600psのパワーでドリフト!アウディ・RS Q8をニュルでキャッチ

アウディの旗艦クロスオーバーSUV「Q8」に設定される最強モデル、「RS Q8」市販型プロトタイプがニュルで高速テストを開始しました。

 

コースに登場するなり、いきなり魅せました。テールスライド気味に最初のコーナーに突入、軽くドリフトしながらコーナーを抜けます。その後もコースアウト寸前になりながらも果敢にコースを攻める様子が見られました。また直線で魅せた滑らかかつ力強い加速は圧巻で、2.5tのSUVとは思えぬ動力とレポートされています。

パワートレインにはランボルギーニのSUV「ウルス」と共有する4リットル V型8気筒ツインターボを搭載し、最高出力は600ps程度が予想されます。また、ポルシェ「パナメーラS Eハイブリッド」から流用されるハイブリッドモデルはさらに強力で、最高出力650ps以上と噂されています。

2018年内に「SQ8」の登場が期待されており、予想通りならば2019年にも「RSQ8」のワールドプレミアが行われるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ
アルピナB7改良型を目撃。注目はアグレッシブなマスク
アウディ・A6の派生モデル第3弾は「オールロード クワトロ」。新型は電動クロスオーバーに!
新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事