ヤマハが「トリシティ」に続く「LMW」第2弾・「ナイケン」を178万2000円で発売

2018年9月13日、ヤマハ発動機は、845ccの水冷直列3気筒エンジンを搭載した「LMW」の新製品「NIKEN(ナイケン)」を受注生産にて発売すると発表しました。全国の「NIKEN」取扱店にて13日より予約受付を開始しています。「LMW」は「Leaning Multi Wheel」の略で、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称で、同社の商標。

「NIKEN」は、進化したLMWテクノロジー(パラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構で軽快感と安定感の両立に貢献する技術)が生み出す、安定感に支えられたコーナリング性能と長距離でも快適に過ごせる上質なクルージング性能を両立させた次世代LMWという位置づけ。

「TRICITY(トリシティ)」にも採用されているLMWテクノロジーに、専用開発された新ステアリング機構を搭載することで、LMWならではの安定感のみならず、スポーティで滑らかな旋回性や自然な操舵性を実現しているそう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事