新型ポルシェ・911、今度はホワイトカラー出現。アクティブシャッターと新開発ブレーキを発見

ワールドプレミアを控え、プロトタイプが続々目撃されている新型ポルシェ・911(992型)ですが、今度は真っ白なホワイトボディの開発車両をカメラが捉えました。

これまでブルーやレッドの試作車が見られましたが、微妙に変化のあるエクステリアから、仕様が異なるモデル思われます。

今回捉えた開発車両の特徴は、新ホイール、サンルーフ、ツインエキゾーストパイプを装備。さらに「カイエン」新型で初めて標準装備された、「ポルシェ・サーフィス・コーテッド・ブレーキ」(PSCB)と思しきブレーキキャリパーが装着されている他、フロントバンパーには、アクティブシャッターを備えているようです。

「PSCB」はブレーキダストをほぼ出さず、錆が発生しないブレーキ・システムです。また「アクティブシャッター」は走行状態に応じ、フロントエアインレットのシャッターを自動で開閉、空力性能を高める機能です。エンジンの冷却はもちろん、燃費向上も図ります。

室内では、アウディの「バーチャルコックピット」に近いシステムを利用。アナログタコメーター以外は、デジタル・インストルメント・クラスタが採用されます。

パワートレインは、3リットル水平対向6気筒ターボエンジンで、最高出力は390psを発揮すると見られます。また高性能「S」は最高出力450psへと向上する可能性が高いです。さらに4リットル水平対向6気筒ターボが予想される「GT3」は510ps、「911ターボ」は最高出力600psとも噂されています。

911新型のワールドプレミアの場は、10月のパリモーターショー、あるいは11月のロサンゼルスモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?
560馬力のスーパークーペ! BMW・4シリーズに伝説の「CSL」復活の噂
VW・パサートのロング版、シュコダ「スペルブ」改良モデルは3月デビュー

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事