【新車】新型アウディ・A8発表。日本では自動運転「レベル3」はお預けも、最新技術を満載

2018年9月5日、新型アウディA8が発表され、10月15日に発売を開始すると発表しました。ボディサイズは、全長5170mm、全幅1945mm、全高1470mm、ホイールベースは3000mm(Audi A8 Lは全長、ホイールベースともに+130mm)。

最大の注目点は、最新技術が満載されている点です。量産車世界初となるレーザースキャナー(フロント:1基)を始め、ミリ波レーダー、カメラセンサー、超音波センサーを合わせて最大23ものセンサーを搭載。

こうしたセンサーからの膨大な情報を統合的に分析し、高度な周辺環境モデルを構築する「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー(zFAS)」の採用も特徴で、人間の感覚に近い、遅れの少ない自然な制御を実現するとしています。

新機能として、見通しの悪い交差点でのフロントクロストラフィックアシストや、全方位からの事故について予防し、被害を軽減する「プレセンス360」、従来のアダプティブクルーズコントロール(ACC)、「アクティブレーンアシスト(ALA)」「トラフィックジャムアシスト」の3つの機能を統合した「アダプティブドライブアシスト(ADA)」などを用意。

新型アウディA8は、HDマトリクスLEDを備え、広い照射範囲を得ています。車両前方を監視するセンサーからの情報を用いて、32個のLEDを個別に点灯制御することにより、前走車および対向車のドライバーを眩惑することなく、最大限の照射範囲を実現。さらに、70km/h以上で作動する特別なライト「アウディ レーザーライト」により、一般的なハイビームの2倍の照射距離が得られるそうです。