【新型ベンツ・Gクラス試乗】後席の足元スペースが拡大し、大人4人でも快適に移動できる

メルセデス・ベンツの新型Gクラスは、型式こそW463のままですが、ラダーフレームを新設計し、サスペンションも新たに開発されています。

先代よりも全長が53mm、全幅が64mm、全高が15mm、ホイールベースが40mmといずれも拡大(プラス)となったことで、期待されるのは後席の拡大でしょう。

2018年夏時点で併売されている先代Gクラスは4575mmという全長。じつはCクラスよりも短く、背の高さとボディマスの大きさから想像するよりもコンパクト。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事