噂の次世代EVか? 新型コンパクトSUVか? フォードの謎の開発車両をキャッチ

フォード謎のテスト車両をスクープしました。同ブランドのBセグメントハッチバック「フィエスタ」をベースにしたプロトタイプですが、カメラマンによると、2つの可能性が考えられるようです。

有力と思われるのは、「ベイビーブロンコ」と呼ばれる新型クロスオーバーSUVです。ジープ『レネゲード』に対抗すべく開発が進められていると噂されています。

プラットホームには「フォーカス」次期型と共有する「Cクラス・プラットホーム」を採用するはずです。この場合、パワートレインは、1リットル直列3気筒エンジンや1.5リットル直列4気筒にマイルドハイブリッド搭載が予想されます。

またフォードは先日、パフォーマンス志向の電動SUVを2020年に市販すると発表しており、タイミング的にもそれに関連する次世代EVテスト車両の可能性もあるようです。

同ブランドは電動化に110億ドル以上を投資する計画で、2022年までには、電動車ラインアップを40車種に増加、うち16車種をEVにすると発表しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

3月デビューの新型・アウディ「RS7」、超加速力を雪中で披露
メルセデス AMG CLA「35」vs「45」!最高出力300馬力&400馬力オーバー
新型・日産デイズ/三菱eKワゴンに続報。航続280kmのEVも設定?
メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも
登場は2020年! プジョー最小の新型クロスオーバーSUV「1008」の開発車両をキャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事