【バンコク国際オートサロン】SUVやピックアップトラックが大人気。タイのカスタマイズのトレンドを見る

7月8日までタイのバンコクで開催されたバンコク国際オートサロン。

オープニングゲストに土屋圭市さんが登場するなど、日本車に理解の深いタイならではの演出もあって、7月4日の初日から大盛況となりました。

その土屋さんがサイン会を行ったHONDAブースのメインステージにはHR-V(日本ではヴェゼル)のModuloコンプリートカーが展示されています。

都市部ではシビックやフィットなどをよく見かけますが、郊外や地方都市ではまだまだ未舗装路の多いが多いため、タイのマーケットのメインストリームはSUVやピックアップトラック。そんな需要の高いSUVをカッコよく仕立てたのがHR-Vのコンプリートカーとなります。

そしてこちらはタイで大人気のCR-V。サイドステップやフロントリップなど、あえて都会的装備を取り入れているところがなかなか渋い。CR-Vの日本導入が噂されていますが、その際にはこういった装備をぜひお願いしたいです。

またコンパクトクラスのJAZZ(日本名フィット)は販売台数も多いのですが、そのJAZZをオフロードっぽく仕立てたコンプリートカーも提案されていました。ちなみに日本ではFIT CROSS STYLEとして既に販売されています。

こちらはコンプリートカーではありませんがかなり気になった一台のBR-V。CR-VとHR-V(ヴェゼル)の中間に位置するクルマです。サイズ感も手ごろでオフロードっぽさが強いところが魅力的。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事