【新車】新型DS 7 CROSSBACKに搭載されるディーゼル、ガソリンエンジンとPSAグループ初の8ATとは?

新型「DS 7 CROSSBACK」に用意されるパワートレインは、ディーゼルとガソリンの2種類。ディーゼルエンジンは、「DS 4」と「DS 5」にも搭載されている2.0Lの4気筒クリーンディーゼル「BlueHDi 180」。

ガソリンエンジンは新開発の1.6Lの4気筒ターボ「ピュアテック225」で、「DS 3 PERFORMANCE」に搭載された208ps版をさらに進化。エギゾーストバルブにも可変タイミング機構が採用されています。さらに、フリクションのさらなる低減と過給圧安定のため、最近のトレンドである排気ウェイストゲートバルブを電動化。

また、ガソリンエンジンにも微粒子フィルタを搭載。フォルクスワーゲンもup! GTIなどで採用を始めていますが、世界で最も厳しい基準のひとつである欧州の排気ガス浄化基準であるEuro6.2をクリアしたとしています。

ベーシック仕様の「So Chic」には、ディーゼル、上級仕様の「Grand Chic」はディーゼル、ガソリンエンジンの両方が設定されています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事