アウディ・Q8新型、ラスボス「RS」はクラス最強レベルの600馬力!

アウディは、フラッグシップ・クロスオーバーSUV「Q8」を6月に発表しましたが、その頂点に立つ「RS Q8」をオーストリア・アルプスでカメラが捉えました。

ほぼフルヌード状態で姿をみせた開発車両は、六角形パターンを持つグリル、大型化されたコーナーエアインテーク、リップスポイラーが確認できます。また専用の大径スポーツホイール、6ピストンキャリパーのブレーキ、楕円形のツインエキゾーストパイプを装備し、市販型最終プロトタイプと見ていいでしょう。

キャビンには、高精細デュアルタッチスクリーン、アルカンターラ・ステアリングホイールなどが装備されるはずです。ワールドプレミアは、早ければ2018年9月以降で、2019年3月のジュネーブモーターショーが予想されます。

パワートレインは、ランボルギーニ「ウルス」と共有する4リットルV型8気筒ツインターボが予想されています。最高出力は「ウルス」の650psを下回る600ps程度が噂されていますが、それでも、ライバルとなるBMW「X6M」の575ps、メルセデスAMG「GLE 63」次期型の571psを圧倒する馬力を誇るスーパーSUVと言えるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アルピナ XB7_002
ド級SUVが登場間近か!? アルピナがBMWのX7をベースにした600ps超えのXB 7を開発中!
ヒュンダイ i30Nスペシャル外観01
韓流ホットハッチ「ヒュンダイ i30N」、さらに性能を高めたスペシャルモデルを開発中!
アルファロメオ ステルヴィオ外観_003
アルファロメオ ステルヴィオが大幅改良へ。マイルドHVを初設定、自動運転技術はレベル3へ!
VW クロスブルー コンセプト_006
VWティグアンががらっとイメチェン! 次世代型は「クーペSUV」の可能性も!?
BMW 5シリーズ ツーリング改良型、注目は7シリーズから流用されるPHV
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事