発売は2020年。これがプジョー最小SUV「1008」のデザインだ

プジョーのSUVシリーズに新たに設定される最小クロスオーバーSUV、「1008」のレンダリングCGを入手しました。

予想されるデザインは、先日報じた「2008」次期型同様、上位モデルとフロントマスクが統一化されていることが分かります。デイタイムランニングライトがグリルに向かうスポーティで個性的なヘッドライト、存在感のあるスキッドプレートなど兄貴ゆずりのデザインが継承されています。またルーフエンドに丸みをもたせクーペ感を出しているのも特徴的です。

室内は、コンパクトモデルながら上位モデルと共通性が持たされそうです。オプションの可能性は高いですが、PSA最新の「i-Cockpit」デジタルインストルメント・クラスタや、デジタル画面の視認性を高めるコンパクトなステアリングホイールを装備するようです。

プラットフォームには、PSA最新の「CMP」(コンパクト・モジュラー・プラットフォーム)を採用。ボディサイズは、全長が3,780mm・全幅1700mm・全高は1490mm程度と予想されており、「108」より全体が数センチ大きくなると思われます。

予想されるパワートレインは、1.2リットル及び1.5リットル直列3気筒ピュアテックターボエンジンの搭載です。ベースモデルの「108」は日本未導入ですが、人気のコンパクト・クロスオーバーSUVだけに、日本市場導入の可能性もあるかもしれません。欧州での発売は2020年が有力です。

(APOLLO)