【2代目スイフトスポーツ・オーナートーク】中古で買うなら2007年の2型以降がお得!? スーパーチャージャー仕様が人気の理由とは?

現行・4代目スイフトスポーツは発売から9ヶ月が経過しましたが、いまだに納車まで数ヶ月がかかる超人気車種です。

そんな「スイスポ」人気を決づけたのは、何といっても2005年に登場した二代目のZC31型モデル。今回、そんなスイスポ・メジャー化の原点ともいえるモデルに、新車購入からずっと乗り続けているオーナーさんに話を聞いてみました。

取材会場は、世界最大のスイスポオンリーミーティング『SOMT2018』、オーナーさんへのインタビューテーマは、「ZC31S型の特徴と、行っているカスタム内容について」です。

今回登場する黒いZC31S型スイフトスポーツのオーナーさんは使者@クロスイさん。

── 早速ですが、二代目スイスポのノーマルでの楽しい所って何でしょう?

「ひとことで言うのはちょっと難しいですが、たとえば高回転まで回るエンジンは美点の一つです」

── あーなるほど、確かに最大出力(125ps)を6800rpmで絞り出すエンジンは、デビュー時に話題となりましたよね。

「そうなんですが、実は私が乗っている『2型』以降ではカタログ上の最高出力はそのままに、さらなる高回転仕様になっているんです。レッドゾーンが6800rpmから7200rpmに引き上げられているんですよ」

── そうだったんですか、知りませんでした。

クロスイさんの話を受けて記者が後日調べたところによると、2007年に登場した2型以降のモデルでは上記のほか、1速ギヤ比の変更による全体のクロスレシオ化、ファイナルギヤ変更により全体的にハイギヤードにするといった変更が行われていました。

他にもサスペンション周りや内装での改良もあり、「今から中古で買うなら2型以降がお得」というのがファンの間で合言葉になっているようなのです。