【新車】新たなカフェ文化にインスパイヤされた限定車、シトロエン「C3 CAFE EDITION」

シトロエンC3は、外観の「エアバンプ」やSUVテイストのデザインが与えられ、走らせても乗り心地のよさと安定感のある走りが堪能できます。発売から7か月で先代モデルの年間最高販売台数(2012年に1168台)を上回る、1223台の登録台数を記録したそう。

6月7日に発売された特別仕様車の「C3 CAFE EDITION」は、豆の品質やトレーサビリティ、焙煎、挽き方などこだわりの1杯をサーブするサードウェーブコーヒーと呼ばれる新たなカフェ文化にインスパイヤされたというモデル。

ノアール、エスプレッソ、カフェクレーム、カフェオレなど様々なスタイルで楽しむコーヒーの色彩をまとったカラーコーディネイトが特徴。エレガントな専用ステッカーがフロントドアに配されています。

また、17インチの大径タイヤ&アルミホイールにより足元も存在感が高められていて、ボディカラーにより2トーンかオールブラックホイールが組み合わされます。

内装は、通常モデルでは未設定のライトブラウンの人工皮革をアクセントとしたツイード柄の上質なファブリックシートに、運転席センターアームレストを追加することで、快適性を向上。レザーステアリングホイールやダッシュボードにもライトブラウンがあしらわれ、インテリアの質感も引き上げられています。「C3 CAFE EDITION」の価格は252万円です。

なお「C3 CAFE EDITION」の発売に伴い、清澄白河のライフスタイル・カフェ「iki Espresso Tokyo」と6/8(金)~7/5(木)まで期間限定のカフェタイアップを実施。「C3 CAFE EDITION」の展示をはじめ、オリジナルメニューの提供やシトロエンの世界観を体現した空間演出がされています。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事