フォルクスワーゲンup! GTIは初代ゴルフGTIの再来!?

1967年デビューの初代ゴルフGTIは、高速道路のハイスピードレーンをコンパクトカーにも解放したエポックなモデルでした。

初代ゴルフGTIのサイズは、全長3705×全幅1628(サイドミラーをのぞく)×全高1390mmで、810kgという軽量ボディを110psで楽々と加速させ、最高速は182km/Lに到達。

今回の主役であるup! GTIのサイズは、全長3625×全幅1650×全高1485mm。ホイールベースは2420mm。初代ゴルフGTIと同じくらいのサイズ感・出力レベルであることを考えると、フォルクスワーゲンが謳うように、初代ゴルフGTIの再来ともいえるかもしれません。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。