日産リーフ最大のライバルが登場!? フォルクスワーゲンのEV「ID.3」は、ドイツでは補助金により小型車並の価格に!?【フランクフルトモーターショー2019】

●ついに姿を現したフォルクスワーゲンのピュアEV

フォルクスワーゲンは、「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」でピュアEVの「ID.3(アイディ.3)」を発表しました。フォルクスワーゲンブランドだけでも、2023年までに約90億ユーロをe-モビリティに投資し、今後10年間で1,000万台以上の電気自動車を生産し、20車種以上の電気自動車を導入することを計画しています。フォルクスワーゲングループは、子会社の「Elli」と共に、再生可能なフォルクスワーゲンエネルギーの供給を既に開始しており、充電インフラの構築にも取り組んでいるそう。

フォルクスワーゲン・アイディ.3
フォルクスワーゲンの電動化プラットフォームを使った「ID.3」がデビュー

電動化車両専用の「MEB(モジュラーエレクトリックツールキット)」プラットフォームをベースに開発された、本格EVといえる「ID.3」は、CO2ニュートラルとなる方法でラインオフされ、EVならではのハイレベルなドライビングダイナミクスを備えるほか、最新のコネクティビティも用意されています。

特別限定モデルの「ID.3 1ST」は、最大420km(WLTPモード)の航続距離を達成し、3つの装備バリエーションが設定されます。

フォルクスワーゲン・アイディ.3
「ID.3」の特別限定モデル「ID.3 1ST」の外観

「ID.3 1ST」モデルには、もっとも一般的な、58kWhのエネルギー容量を備えたバッテリーが搭載され、量産バージョンでは、より容量の少ない45kWhのバッテリーオプション(航続距離:最大330km)と、より容量の大きな77kWhのバッテリーオプション(航続距離:最大550km)も後日リリースされるそう。

『フォルクスワーゲン』の最新記事
マッチングのいいサイズに欧州流の使い勝手をプラス【VW T-Cross試乗】
2020年もワーゲンバスを貸し出す「バスカスフェス」を開催。第1弾はバレンタインイベント
史上最速ゴルフ「GTI」の走りは公道でも十分に刺激的だった!【フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR試乗記】
フォルクスーワーゲンT-Crossの小さいボディでも広く使えるリヤシートとラゲッジのひと工夫とは?【VW T-Cross試乗記】
1.0L直列3気筒ターボでも元気な走りを披露する、VWらしいコンパクトSUV【フォルクスワーゲンT-Cross試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事