SUVらしさを増したSUBARU新型フォレスターの魅力とは?

5月18日、先行予約が開始された5代目SUBARUフォレスター。外観デザインのテーマとして「SUVらしい存在感、力強さ、機能性」を掲げています。

フォレスター、XVと同じホイールベース2670mmとなる新プラットフォームの「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、走りや安全性能、デザインまで全方位大きな進化を遂げたとしています。

外観は、いまやお馴染みになったSUBARU共通のデザイン哲学である「DYNAMIC x SOLID」を採用。ライトまわりでは、全車にLEDヘッドランプを標準装備し、水平対向エンジンのピストンの動きを表現した C シェイプのポジションランにより、力強さを想起させる精悍な顔つきが目を惹きます。

さらに、同じく全車に縦型フロントフォグランプが採用され、一部機種には3式LEDを用意することでスポーティさを表現。左右側方の配光エリアを従来のバルブ式よりも拡大し、夜間の視認性を向上。また、バルブ式よりも約 53%の省電力化を実現したそう。

『SUBARUフォレスター』の最新記事

【新車試乗】スバル・フォレスターの2.5リッター直噴エンジンは高速燃費が優秀。だから遠くに行きたくなる
【新車】居眠り防止だけじゃない! 新型フォレスターの「ドライバーモニタリングシステム」は何がスゴイ?
【試乗】新型フォレスターを乗り心地に振ったセッティングを可能にした「SUBARU GLOBAL PLATFORM」
【新車試乗】新型フォレスターの約4割を占める「e-BOXER」 約310万円は「買い」か、走りをチェック
【試乗】ターボ派の心をつかめるか? 新型フォレスターの2.5L NAエンジンをチェック