【SUPER GT2018】大きく変わる鈴鹿戦の直前!GWの富士500kmを振り返り、鈴鹿戦GT300の展望を占う。

ゴールデンウィークの5月3〜4日に富士スピードウェイで開催された「 2018 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。

記録更新が連発するなど話題が豊富だった富士500kmですが、その後2週間ほどで鈴鹿戦が行われるという過密スケジュールな今年のSUPER GT。鈴鹿戦を占うにはもう一度富士500kmをおさらいしてみましょう。

富士500kmの予選が行われた5月3日は、前日からの雨が上がってきたとは言うものの、視界が10mを切るようなとんでもない濃霧に覆われ、午前中に行われる予定だったフリー走行は全てキャンセル。通常は予選日の午前中に100分ほどのフリー走行があり、そこで予選に向けてのセッティングや、決勝を見据えた作戦を立てますが、天候不順のために一切それが出来ません。お昼ごろから晴れ間が見えてきたために、急遽20分間だけウォームアップ走行が行われることとなります。

各チームはその20分の走行で予選セッティングを見出しますが、予選のスケジュールも変更されます。通常はノックダウン式と呼ばれる方式により、全車が走行するQ1と、Q1上位14台が走行し上位グリッドを決定するQ2が行われるのですが、今回に限りQ1のみでグリッドを決定するということになったのです。予選の路面状況は完全にドライ。その1発勝負の予選を制したのは55号車 ARTA BMW M6 GT3。

そして5月4日、前日の天候が嘘のように晴れ渡る中、決勝レースは行われます。ポールポジションのARTA BMW M6 GT3は快調なスタートを見せ、序盤から後続のライバルを引き離していきます。

スタートを快調に決めたのは0号車 グッドスマイル 初音ミク AMGも同じ。4番グリッドから絶妙なスタートを見せ、一気に3番手に浮上!

グッドスマイル 初音ミク AMGにスタートで抜かれセカンドグループに落ちた65号車 LEON CVSTOS AMGは2号車 シンティアム・アップル・ロータスと.31号車 TOYOTA PRIUS apr GTともつれ合い、その集団から抜きんでた.31号車 TOYOTA PRIUS apr GTがトップ集団に食らい付いていきます。

富士500kmレースでは2回のピットインが義務となりますが、上位陣で真っ先にピットインしたのは32周で入った61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT。予選も好調だったためにここは素早いピットで順当に順位をキープしていきたいところでしょう。

37周目にはトップを走るARTA BMW M6 GT3もピットイン。周回差に余裕があるもののピット作業は素早く、実質的なトップはゆるぎないままにピットアウトしていきます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事