アウディ・A1次期型、完全フルヌードをキャッチ

アウディのエントリー・ハッチバック「A1」次期型の完全フルヌードボディをスクープしました。これまでの可憐なイメージを払拭し、かなり攻撃的なスタイルが見て取れます。

次期型では、プラットフォームに「MQB」を採用。ホイールベースが約10cm延長されるとともに、フロントオーバーハングは切り詰められ、ルーフエンドはスポーティなクーペデザインとされます。またヘッドライトは大型化され、テールライトは多角デザインに。Cピラーは厚みを持っているのも確認できます。

捉えた開発車両は、立体感のある大型エア・インレット、ハニカムメッシュのワイド・シングルフレームグリル、サイドスカート、テールゲートマウントスポイラー、デュフューザー一体型リアバンパーなど、まるで高性能モデルのようなルックスが見て取れます。

パワートレインの詳細も入手しました。最高出力125psを発揮する1リットル直列3気筒ターボ、150psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボ、マイルドハイブリッドがラインアップされると予想されます。また高性能「S1」には、2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力は250ps以上が噂されています。

現行モデルはベルギー・ブリュッセル工場で生産されていましたが、こちらは同ブランド初の市販EV『e-tron』の生産に使用されるため、新型はスペイン・マルトレルの工場で生産予定です。3ドアは廃止され、5ドアのみの設定が確実視されています。

ワールドプレミアの場は、今秋10月のパリモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?
このスポイラーは超高性能モデルの証!? BMW M5に「CS」設定へ
VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事