スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に

スズキが5月10日に発表した2018年3月期決算によると、主力市場とするインドで「スイフト」の販売が165.4万台(前年度比+14.5%)と伸び、世界販売台数が322.4万台(同+10.5%)と、初めて300万台の大台を超えています。

インドにおける現状のシェア50%を維持し続けた場合、鈴木修会長によると、2030年までに4輪車販売が500万台/年となり、日本や他の地域を合わせた世界販売では700万台/年規模になる可能性があるとしています。

同社の当期連結売上高は3.7兆円(前期比+18.5%)で、国内売上げ高が1.1兆円(+7.6%)、海外売上げ高がインド、欧州等での4輪車や2輪車の販売増等により2.6兆円(+23.8%)となっており、純利益についても2,157億円(+34.9%)と、アジア、日本、欧州での損益改善等により大きく伸びています。

国内販売では「ワゴンR」、「スイフト」に加え、昨年12月に投入した「スペーシア」、「クロスビー」など新型車の販売が貢献。海外販売では新型「ディザイア」、「スイフト」を投入したインドをはじめ、欧州等での販売増が貢献。

一方、来期は為替円高、研究開発費の増加から増収減益が予想されることから、同社ではグループ一丸となってあらゆる分野での改革に取り組み、売上高3.8兆円、営業利益3,400億円以上を確保すべく事業活動を展開するとしています。

Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)

【関連記事】

トヨタの2018年3月期連結決算、純利益2.5兆円(+36.2%増)と過去最高を記録
https://clicccar.com/2018/05/11/588347/

【ニューヨーク国際自動車ショー】スズキ・スイフトが「世界で最も都市に似合う車」に選出
https://clicccar.com/2018/04/03/574607/

スズキが2020年のEV発売に向け、インドで駆動用バッテリーの量産準備へ
https://clicccar.com/2018/02/17/560043/

スズキ、2020年に発売予定のEVで駆動用モーターを同社初の内製化へ
https://clicccar.com/2018/02/16/559571/

スズキ、トヨタとの協業で2020年を目処にインドでEV生産!トヨタにも供給
https://clicccar.com/2017/11/28/535481/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事