ホンダ・タイプRを追い詰める!? 韓国最強のファストバックがニュル参上

韓国ヒュンダイのコンパクト・ハッチバック「i30」に設定されるハードコアモデル、「i30N」に新たに設定される5ドア・ファストバックが、ニュルブルクリンクに姿を見せました。

これまでで最もカモフラージュが軽い状態で捉えた開発車両には、ハニカムメッシュの六角ラジエーターグリル、エアダクトやバンパー形状、リアディフューザーなどが確認できます。またキックアップされたリア・クォーターウィンドウや、メルセデス「GLC」に酷似した、ルーフエンドから流れるようなボディスタイルが見て取れます。

パワートレインは「i30Nハッチバック」と共有する2リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は250psを発揮します。6速MTと組み合わされますが、遅れてDCTも設定されるようです。ハイライトは「パフォーマンス・パッケージ」なる最強モデルで、最高出力は275psまで高められといいます。300ps以上を発揮するホンダ「シビック タイプR」に迫るパフォーマンスが発揮できるかが注目されます。

予想されるワールドプレミアは、2018年10月のパリモーターショーか、年内の発表と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型BMW M3は8月オンラインデビュー!? Max500ps越え+「M xDrive」を搭載
ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ
デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?
クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事