新型トヨタ「カローラ ハッチバック」に先進運転支援システム「ADAS」搭載

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売によると、今夏(8月)米市場に投入される新型「カローラ ハッチバック」には、最新の先進運転支援システム「ADAS」(Advanced Driving Assistant System)が搭載されているそうです。

第2世代の予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」を標準装備。「プリクラッシュセーフティ」機能のレベルアップにより、昼夜間の車両や歩行者、昼間の自転車検知を可能にしており、衝突回避・被害軽減を図ります。

また前方車両への追従走行時に走行車線を維持する「LTA」(レーントレーシングアシスト)や、車線逸脱を防止するステアリング制御機能付き「LDA」(レーンディパーチャーアラート)、カメラが道路標識を認識、ディスプレイ内に表示する「RSA」(ロードサインアシスト)などを装備。

日本市場でも新型「カローラ ハッチバック」のデビューが6月下旬に迫っているようで、2種類のパワートレーン(1.2Lターボ/1.8Lハイブリッド)が設定される模様。

リヤサスペンションにマルチリンク・システムを採用するなど、走りの基本性能がかなり高められているようで、発売1年後には1.6Lターボユニットを搭載したホットモデルが追加設定されるとの情報も。

いよいよ発売間近となった同車への期待が高まります。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

国内発売が迫るトヨタ「カローラ ハッチバック」にホットモデルが存在?
https://clicccar.com/2018/05/02/585742/

トヨタが世界戦略車・新型「カローラ・ハッチバック」を初公開
https://clicccar.com/2018/03/29/573247/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事