メルセデス・ベンツ AMG GLE63の開発車両がテスト中にトラブル!?

メルセデス・ベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUV「GLE」のハイパフォーマンスモデル、「AMG GLE63」をスカンジナビアでキャッチしました。寒冷気候テスト中にエンジントラブルを起こし、「AMG G55」に緊急レスキューされた模様です。

次期型の『GLE』ラインアップには新型「MRA」シャシーを採用し、大幅な軽量化と剛性アップが見込まれています。室内には最新世代の「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス・インフォテイメントシステム)を採用し、10.25インチのフルデジタルディスプレイを搭載すると見られています。

捉えた開発車両は、ヘッドライトやテールライトなど生産型パーツを装備。カモフラージュの下には、パナメリカーナグリルを装着し、大径ホイール、大型ブレーキシステム、クワッドエキゾーストパイプなどAMGらしい装備が見て取れます。

パワートレインには4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は571psを発揮します。最上位モデルの『GLE 63S』は612psまで向上すると噂されています。下位に位置する『GLE 53』には直列6気筒と組み合わされる48Vマイルドハイブリッドを搭載し、最高出力429psを発揮するとレポートされています。

開発が中盤と思われる「AMG GLE63」のワールドプレミアは、2020年3月のジュネーブモーターショーとまだ先になりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
Aクラス初のPHVモデル、9月デビューが決定! その強力パワートレインとは?
ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事