トヨタ新型クラウン、ついにその顔が先行公開

■フロントにはLEDライトバーで結ばれるスリムなヘッドライト装備

トヨタは現在開発中の主力セダン「クラウン」新型のティザーイメージを初公開しました。

トヨタ クラウン_003
トヨタ クラウン次期型 特許画像

トヨタの代名詞とも言える初代クラウンは1955年に登場、15代目となる現行型は2018年から発売されており、これが4年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

トヨタ クラウン_010
トヨタ クラウン次期型 ティザーイメージ

クリッカーでは、これまで次期型の特許画像をはじめ、色付けした予想CGなどを入手してきました。ティザーイメージではフロントエンドにLEDライトバーで結ばれるスリムなヘッドライトを装備、側面にはトリムとプラスチックのクラッディングが見られるなど、特許画像のエクステリアデザインが間違いではなかったことが証明されました。

またセダンでもなく、SUVでもない、ハイライディングのファストバックシルエットがティザーイメージから予想される反面、トランクリッドがあるのか、より実用的なリフトゲートがあるのかは不明です。

市販型では、これまでのFRから前輪駆動または全輪駆動のいずれかで構成できる、同社の「TNGA-K」プラットフォームを採用。ボディサイズは全長194.1インチ(4,930mm)、全高60.6インチ(1,540mm)とメルセデスベンツ「GLEクーペ」とほぼ同じ長さが予想されています。

パワートレインでは、3.5リットルV型6気筒のハイブリッドは消滅、CVTボックスに結合された2.5リットル直列4気筒ハイブリッドエンジンと、6速ATに結合された2.4リットル直列4気筒ターボエンジンが期待できそうです。

クラウン次期型のワールドプレミアは、7月15日に決定していますが、それまでにさらなるティザーイメージなどがリリースされる可能性もありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?