フェラーリに対抗!アストンマーティンが新型ミッドシップ計画を進行か?

アストンマーティンが新型のミッドシップ・スーパースポーツを開発しているという情報を入手しました。これはフェラーリ「488」やマクラーレン「P1」に対抗すべく開発されるようです。

ハイパーカーの「ヴァルキリー」では、F1レッドブルとのコラボレーションを実現しましたが、この新型モデルでも共同開発となる可能性が高いとレポートされています。

デザイン詳細は不明ですが、カーボンモノコックの新世代シャシーを採用するミッドシップモデルだといい、「ヴァルキリー兄弟」や「ベイビー・ヴァルキリー」などと伝えられています。

予想パワートレインは、新たに「DB11」に設定されたメルセデスAMG製の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVが有力で、最高出力は650ps以上のスポーツモデルが有力です。

ワールドプレミアは、2020年の大きなモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

心臓部はランボルギーニ製。ポルシェ カイエンクーペに最強「GT5」設定の噂!
スバル・レヴォーグの次期型は、e-Boxter搭載で東京モーターショーデビュー?
2021年にもフェラーリがマセラティへのエンジン供給終了!? 今後の行方は?
フェラーリの新型ハイブリッドは5月31日デビュー決定!顧客へ招待状を送付
ゴードン・マレー、新たなミッドシップモデルを計画中か? 価格は破格の4万ポンド!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事