フェラーリに対抗!アストンマーティンが新型ミッドシップ計画を進行か?

アストンマーティンが新型のミッドシップ・スーパースポーツを開発しているという情報を入手しました。これはフェラーリ「488」やマクラーレン「P1」に対抗すべく開発されるようです。

ハイパーカーの「ヴァルキリー」では、F1レッドブルとのコラボレーションを実現しましたが、この新型モデルでも共同開発となる可能性が高いとレポートされています。

デザイン詳細は不明ですが、カーボンモノコックの新世代シャシーを採用するミッドシップモデルだといい、「ヴァルキリー兄弟」や「ベイビー・ヴァルキリー」などと伝えられています。

予想パワートレインは、新たに「DB11」に設定されたメルセデスAMG製の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVが有力で、最高出力は650ps以上のスポーツモデルが有力です。

ワールドプレミアは、2020年の大きなモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ホンダ フィット クロスオーバー予想CG
新型ホンダ フィットに初のSUVバージョンが設定!? エクステリアを大胆予想
インフィニティ ブラックS_外観003
インフィニティ最速の電動クーペ「ブラックS」がいよいよ市販化?
ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
BMW 7シリーズ 外観_003
650馬力の電動モデル「i7」が設定か? BMW・7シリーズの次期型は電動化を加速へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事