100億超えの投資!VWの新型クロスオーバー「T-ROCカブリオレ」、2020年デビューへ

フォルクスワーゲンは「T-ROCカブリオレ」の発売をアナウンスしていますが、そのレンダリングCGを入手しました。

「T-ROC」は車格的に「ティグアン」の下に位置し、「ゴルフ」に近い全長1840mmとなります。エクステリアは、2014年3月のジュネーブモーターショーで公開されたオープンモデル「T-Crossブリーズ」コンセプトから継承されます。ルーフにはファブリック・ソフトトップが採用され、スポーティで、躍動感のあるボディシルエットが魅力です。

VWはこの新型オープンに8,000万ユーロ(約106億円)を投資、ドイツのオスナブリュック工場で生産される模様です。同ブランドでは2020年までに20車種以上のクロスオーバーSUVの発売を計画しており、その1台となるようです。

パワートレインは7速「DSG」と組み合わされる2 リットル直列4気筒TDIターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力は184psを発揮します。また将来的には、最高出力300psを発揮する「R」や5ドアモデルが設定される可能性もあるとレポートされています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ジャガーXEに初の改良型!目玉は電動化されるパワートレイン
フォルクスワーゲン「T-Roc R」は300馬力のコンパクトSUV!
ここが変わった! BMW X1改良型プロトタイプを初キャッチ
新型トヨタ・スープラ、謎のプロトタイプを激写! 噂のGRか? 軽量レーサーか?
価格は2億円超!? ブガッティ初のSUV、いよいよ開発スタートか?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事