F1を超えるハイスペックながらも、性能を追求せず!? パイクスピークに挑戦するフォルクスワーゲンのEVマシンが公開

フォルクスワーゲンがEVスーパースポーツカーの「I.D. R Pikes Peak」(アイ.ディ.アールパイクスピーク)」を発表しました。

その名のとおり「パイクスピークインターナショナルヒルクライム」に挑むマシンで、最高出力500kW(680PS)・最大トルク650Nm、車両重量1,100kg以下という強烈なスペックが与えられています。レースへの参戦に先立って、フランスのアレスで初公開されています。

米国コロラドスプリングズで開催される同レースは2018年は6月24日に行われます。「雲へ向かうレース」という別名でも知られ、電気自動車による既存の記録(8分57秒118)を破ることを目標として掲げているそうです。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事