【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?

Bセグメントにおいてもベンチマークと言われ、高い評価を受けているフォルクスワーゲン・ポロ。フルモデルチェンジした最新の日本仕様は、ボディ幅を広げたことで、ついに3ナンバーボディとなってしまいましたが、VWの屋台骨といえるゴルフ不要論が出てくるくらい高い評価を得ています

そして、事前に心配されていた1.0リッター3気筒ターボエンジンへのネガな評価や不満はあまり聞こえてきません、むしろこちらも高い評価を得ています

10年前ならば3気筒というだけで、乗る前から評価を下げていたでしょうが、ダウンサイジングターボ・トレンドにより気筒数を減らすことが正義と捉えるようになったのか、また3気筒エンジンが増えてきたせいもあるのか、そこにネガな先入観を持たなくなっているようです。

さらに新型ポロでは、とくにモータージャーナリストや腕に自信のあるベテランドライバーから高く評価されているDSG(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされていることも、パワートレインへの満足度を上げていると予想されます。

『クルマのミライ』の最新記事

【週刊クルマのミライ】スバル・フォレスターに初採用された「e-BOXER」の横展開に期待大
【週刊クルマのミライ】逆走事故を防ぐために標識検知機能の標準化を急ぐべき!
【週刊クルマのミライ】新型CR-Vが2モーターハイブリッドながら機械式4WDを採用したメリットとは?
【週刊クルマのミライ】 「FFの商用バン」ホンダ・N-VANが抱える、走りにおけるジレンマとは?
【週刊クルマのミライ】現行型デイズの試乗から、日産と三菱が共同開発する軽自動車の未来を考える