【ボルボXC40試乗】走る・曲がる・止まるのすべてハイバランス。素直で自然な動きと反応が嬉しい

ボルボの新型コンパクトSUV・XC40。特徴的な外装やユーティリティ性抜群のインテリアに目が行きがちですが、走りの性能も非常にハイバランスなんです。

直噴ターボエンジンはアクセルの踏み始めから素直に、そして大きすぎないトルクを供給してくれます。決してトルクが薄いということではありません。低回転であまりにもトルクが出すぎるとアクセル踏み始めのコントロールが神経質になってしまうのですが、XC40はあくまでも自然に、小さなアクセル踏みしろから必要十分のトルクを供給してくれるのです。

もちろんそこから踏み込んで行けば、これまた狙い通りのトルクを供給してくれます。

新プラットフォーム「CMA」上に構築されたボディは非常に高い剛性を持っています。

今回試乗した300台限定の特別仕様「T5 AWD Rデザイン 1stエディション」では、20インチの超大径ホイールを履いているにもかかわらず、サスがしなやかに動くことを感じられました。ボディ剛性が不足していれば、こうした極端に大きなタイヤに対応できるハイレートのスプリングを組み合わせた途端、突っ張ったような動きが出てしまうはずです。

またブレーキング時の制動力の出方もごく自然でした。ブレーキペダルに足を乗せればすぐに、しかし過度ではなく制動力が立ち上がります。踏み込んで行けば思ったようなスピードでブレーキング力が強まっていきます。

エンジン・サスペンション・ブレーキの各特性がそれぞれ非常に素直で、相互にバランスが取れているのがXC40の特筆すべきところです。このため小さなRが連続する峠道で加減速を繰り返しながら走行していても、ストレスを感じることはありませんでした。

『ボルボ』の最新記事

【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】しっかりしたトルク感と軽快なハンドリングが生み出す納得の走り
【ボルボ・XC40 AWD Rデザイン試乗】新しいプラットフォームを採用し、日本車のようにきめ細かく使い勝手を追求した意欲的な一台
ヒット作のスケールダウンモデルは作らない! チーフデザイナーが語る、ボルボ・XC40の独自性とは?
日本車顔負けの普段使いに対する細やかな配慮。ボルボ・XC40はドライバー目線でのインテリア設計
【ボルボ・XC40試乗】良好な使い勝手とエンジン・シャシーの能力が高いコンパクトSUV

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事