商用Kも遊んで楽しい! Kカーチューンはこの時代でも最高に面白い・その2【OPTION 1985年4月号より】

この時代の550ccKカーは、遊び方も自由度いっぱい! その1に続き、その2でもビックリな面白Kカーチューンド&ドレスアップカーが満載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピリリと速い小粒っこチューン、ドレスアップも可愛くてグー。85年はミニギャングでキ・マ・リ!

軽ワンボックスだってホレ、ドレスアップ
バグリミテッド・アクティストリート

軽をドレスアップするとなると、どうしてもミラやミニカを連想するが、使い勝手の良いアクティストリートだってこんなにバッチリ決まるんだぜ。

バグリミテッドといえばキャンピングカーの製作では関西で指折りの店、さすがに内外装のフィニッシュは見事のひとことだ。エンジンはノーマルだが、オリジナルカラーに張り替えられたシートに座り、イタルボランテを握ればダッヂのエコーラインに乗っているようなハイな気分になってくる。ストリートでの注目度は満点だ。

内装については床やサイドウォール、天井に至るまでオールチンチラ張り、床はベッドキットといってマットレスのようなボードになっている。こんなクルマで彼女とデートにシャレこむのもグーだ。

トヨタのスーパーホワイトでドレスアップキットを含めてオールペンしたアクティ、もう一歩進んでパーフェクトなキャンピングカーにしてしまうのも面白いんじゃないかな。


最高速158km/hの実力、あとは足だ!
オートマック・ミラ

スーパーミニの中でも注目したいのが、このオートマック・ミラ。昨年(1984年)最高速にチャレンジした時、158km/hという記録でビックリしたものだ。

今回はゼロヨン用にチューンしてのトライ。相変わらずパワフルな感じがアクセルに伝わってくる。スタートはエンジン回転を微妙に調整する必要がある。アドバンHFDを履いているとはいえ、FFなのでホイールスピンが激しい。

ホント、パワフルなのだから恐れ入るのだ。決して軽とは思えない加速度でシフトアップしていく。が、ブースト圧が0.5kg/cm2くらいしか上がらない。どうやらターボまわりのシールが傷んだらしい。本来なら1.3kg/cm2あたりなのだ。それでもゼロヨン17秒台に入った。最高速も140km/hくらいはマークできる。

このオートマック、SKコンポターボにオリジナルのパーツで60ps以上は出ているはず。いつもならゼロヨン16秒台は軽いというのも納得だ。パワフルミニは楽しさ抜群のニュージャンルなのは間違いないね。

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。