【日産・セレナ e-POWER試乗】e-Pedalで意外なほどにスポーティに走れてしまうセレナe-POWER

このマナーモードを有効に使えるようにチャージモードも新設されました。チャージモードはエンジンを始動して積極的に駆動用バッテリーを充電するモードで、マナーモードを使うために充電するためのものと考えればいいでしょう。

セレナeパワーもノートeパワー同様にアクセルペダルだけで走るワンペダルドライブが可能です。セレナeパワーにはS(スマート)、エコ、ノーマル(B)の3つの走行モードが用意されています。アクセルペダルを緩めた際の減速フィールは、ノーマル(B)がエンジン車と同じような感覚で、Sとエコが1ペダルドライブに適した強い減速感が得られるものとなります。

1ペダルドライブの減速感はかなり強く、アクセルペダルを完全に戻せば停止するまで減速します。ただ、この1ペダルドライブを渋滞路で使うとドライバー以外の乗員はちょっとクルマ酔いしてしまうかも知れません。ノートeパワーは車高も重心も低かったので、ピッチング挙動があまり気になりませんでしたが、セレナは車高も重心も高いでピッチングを強く感じてしまうのです。じつは、公道試乗の前にミニサーキットを使っての事前試乗を行っているのですが、このときはこの1ペダルがかなり使いやすく感じました。サーキットでセレナを乗る人は滅多にいないでしょうが、1名乗車でワインディングを走るときなどは、この1ペダルドライブがとても運転しやすいでしょう。意外なほどにスポーティに走れてしまうのが、セレナeパワーなのです。

 

(文:諸星陽一/写真:小林和久)

『日産・セレナ』の最新記事
日産・セレナ、ウリのはずのプロパイロットとe-POWERにある意外な弱点とは?【後編・悪い点】
マイナーチェンジを実施した日産・セレナ。迫力のフロントフェイスとセーフティシステム標準装備は魅力的【前編・良い点】
ブリヂストン・エコピア
ブリヂストン「ECOPIA EP150」が日産 セレナe-POWERのOEタイヤに選定
日産・セレナAUTECHは標準車+α の価格で手が届く魅力的なプレミアムモデル(PR)
「プレミアム」で快進撃!新生AUTECHブランド第一弾のセレナ AUTECHが絶好調な理由(PR)
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事