谷田部のストレートは走れるけど富士のコーナリングはできるの? OPT300ZX耐久レース挑戦! その4【OPTION 1984年11月号より】

無謀にもストリートチューンド+αのフェアレディ300ZXで世界耐久レースへ挑戦!と宣言した我がOPTION。HKSや東名自動車などレースのスペシャリストたちを無理矢理?味方につけ、夢を広げています。

想像ですが、隣のオートスポーツ誌編集部から「おバカなOPTがまた大馬鹿なことを言ってやがる!」との罵声が聞こえてくるような…。とはいえ、OPTは挑戦し続けます! 今回その4では、レース参戦にあたってのアウトラインを見てみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

OPT300ZX、舞台は谷田部からFISCOへ!

耐久用300ZXのアウトラインはこうだ!

ストリート仕様からフルチューンした300ZXで、サーキットを走れるか。こいつは問題だ。というのもOPTはエンジンチューンなら強力なコネがあるのだが、サスペンション他、コーナリングとなると不得意である。これも最高速とかゼロヨンばかりの「ストレート一直線主義」だったからだ。

しかし、そのエンジン耐久性や走りの追求のため、本格的にレースチャレンジすることに決定した。いくら直線が速くてもコーナーでずるずるしてたらカッコ悪いからね。

とはいえ、レース挑戦はハンパじゃできない。最新のフェアレディZがサーキットに登場しないのには理由があるからだ。まずボディが重くて加速が重要なレースに向かない。新型V6用のチューニングパーツがない。ましてサスペンション関係のスポーツキットなどどこも開発していない。

日本の自動車レースとは、とくに市販車ベースのツーリングカーの場合、メーカーがパーツ開発したスポーツキットが無い限り不可能に近いという環境にある。NEWフェアレディがレースシーンに現れないのも当然なのだ。

ここにOPTのチャレンジ魂が燃える!

『Play Back The OPTION』の最新記事

1986年、目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】
目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】
ドアが飛び、エンジンブローに見舞われた悲しきOPT・MR2。その中身をチェック!・その3【OPTION 1985年1月号より】
井出有治選手や韓流スターが参戦する韓国のスーパーレース「キャデラック6000」は、生き残りゲーム的サバイバルレース!?【Play Back the OPTION Spin off】
「改造OK」の許可がトヨタから出た!? 新型スープラのチューンに期待が膨らむ!・OPTION 2018年10月号より【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事