最大665km走行が可能な完全自動運転のVW「I.D. VIZZION」を世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】

以前お伝えしたように、フォルクスワーゲンの電動コンセプトカー「I.D. VIZZION」がワールドプレミアされました。ボディサイズは全長5163×全幅1947mm×全高1506mmで、ホイールベースは3100mm。225kWのシステムパワーを発生する前後2モーター、4WDシステムを搭載し、最大665kmの航続距離を実現。フロントモーターは75kWのコアキシャル(同軸)駆動で、リヤにはコンパクトな150Kwのモーターが採用されています。

同車は完全な自動運転車両として設計されていて、車内は運転席やステアリングホイール、ダッシュボード、ペダル類までなく、ラウンジのようなオープンスペースが広がっています。

フォルクスワーゲンは、自動運転の「レベル4」、「レベル5」の完全自動運転が2025年には実現すると考えていて、そのビジョンを示すモデルでもあります。

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?
フォルクスワーゲンが「EVシフト」を加速!? 2022年までに世界16カ所でEVを生産へ
【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?
【新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン試乗】ゴルフ不要論が浮上しそうなほどに進化を遂げた6代目
VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事